マウスモード 取り扱い説明


#1

マウスモード 取り扱い説明

マウスモードは、マウスの動作制御を行うことができます。モードによって、オブジェクトの編集、ビューポートでのパンやズームができます。また、ある点から他の点までの距離の測定もできます。場合により、キーボード入力によるショートカットキーの使用が可能で、ツール名の隣のカッコ内にショートカットキーが表示されています。一度に、1つのマウスモードのみ使用可能です。

Select (S) (選択:S)
このモードは、マウスの選択モードです。このモードにより、ビューポート内のオブジェクトを選択することができます。(オブジェクトの選択は、マウスの選択モードにかかわらずオブジェクトツリー内で選択することもできます。)

参考として、ビューポート内のマウスの現在位置は、CADウィンドウの右下に示されます。(下の図を参照してください。)右側の<と>のボタンは、小数点位置を移動するのに使用されます。

Zoom (Z) (ズーム:Z)
この機能により、マウスをズームモードに設定します。XYビューと透視ビューのデフォルトのアスペクト比は、1対1に固定されています。これは、円が楕円でなく真円になります。XZとYZのアスペクト比は、ロックされません。クリックするとズームされ、右クリックすると縮小します。特定の領域を拡大するために、その領域の対角線をドラッグして下さい。拡大の調整は、最初にXYビューを設定し、次に、XZまたはYZビューでZビューを調整して下さい。

Pan view § (パンビュー:P)
パンビューモードは、ビューポート平面内の図をドラッグできます。透視ウィンドウでは、パンモードは、図を回転させるのに使われます。
Ruler ® (定規:R)
定規モードが選択されると、マウスボタンを押してドラッグすることにより、距離測定が可能です。マウスを押した点Aからマウスを離した点Bに、三角形が表示されます。距離はCADウィンドウの左下に表示されます。(下の図を参照)dxとdyはA点とB点間の水平と垂直距離です。また、ABはAB間の距離です。
詳細に関しては、getting the mesh sizeを参照して下さい。