カスタム光源のスプリクト記述

”Custom source profile from an equation”(https://kb.lumerical.com/en/ref_sim_obj_custom_source_profile_from_oth.html)のサンプルを実行しています。

スプリクト usr_custom_source.lsf 内で ”czt”関数が使われていますが、見たところスプリクト内で定義はされていないのですが、このczt関数ではどのような処理がされているのでしょうか。

解決しました。
lumericalのサイト内で検索すると出てくるのですね。

解決策が見つかったようで良かったです。
また、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご質問をあげてください。

This topic was automatically closed 24 hours after the last reply. New replies are no longer allowed.