材質エクスプローラ(Material explorer)


#1

材質エクスプローラ(Material explorer)

目標
Material Explorer(材質エクスプローラ)は、シミュレーションで使われる材質のフィッティングの確認に使われます。この機能は、サンプル材質データタイプ(Sampled data material type)を使用する時に最も重要ですが、全ての材質タイプの材質特性をチェックする場合にも使われます。もし、サンプルデータ材質のフィッティングが充分でない場合は、Material Explorerを使用して、Tolerance(許容誤差)やMax coefficient(最大フィッティング係数)や光源の波長領域を修正することができます。
Optical material modelingのビデオをご覧頂くことも有益です。

ウィンドウのプロット
Material Explorerウィンドウの上部の2つの図は、材質屈折率の実数部と虚数部を示します。

材質設定

シミュレーション周波数帯設定

設定確認

フィットとプロットボタン

フィッティング解析