Edit (編集) 取り扱い説明


#1

Edit (編集) 取り扱い説明

editツールバーは、シミュレーションオブジェクトのcopy(コピー)、delete(削除)、 modify(修正)の設定に使われるツールを含んでいます。キーボード入力よりこの機能を使用できるショートカットキーは、ツール名の隣のカッコ内に表示されます。これらのツールを使うためには、対応するオブジェクトを選択して下さい。

Edit properties (E) (特性編集)
この機能が選択されると、特性編集ウィンドウが開きます。
各オブジェクトの特性に関する情報は、Simulation objectsを参照して下さい。

Duplicate (D) (複製)
この機能は、現在選択されているオブジェクトの複製を作成します。この機能で生成された複製は、元のオブジェクトと同一ですが、その2つを区別するために複製のx座標は、1メッシュ分だけx方向に移動されています。複数オブジェクトが選択されている場合は、選択されたオブジェクトの全てがコピーされます。光源やモニターをコピーする場合は、それぞれのオブジェクトが固有の名前を持つように、コピーの名前を変更することが重要です。

Move(移動)
移動機能は、1つまたは複数の選択されたオブジェクトを、x,y,z方向それぞれに指定された距離だけ移動します。
ポップアップウィンドウが移動量を設定するために現れます。

Array (配列)
配列機能は、1つまたは複数配列のオブジェクトを生成するために使用されます。

配列編集ウィンドウは、いくつかの特性を含んでいます。
・A1 LATTICE: a1方向の要素間距離
•A2 LATTICE: a2方向の要素間距離
•ANGLE BETWEEN A1 AND X-AXIS: a1方向とx軸間の角度
•ANGLE BETWEEN A1 AND A2: a1とa2方向間の角度
•COLUMNS, ROWS: 配列を構成している行と列の数
•AZ LATTICE: z方向の要素間距離(3Dシミュレーションのみ)
•LAYERS: z方向の配列数(3Dシミュレーションのみ)

下の編集ウィンドウのパラメータは、右に示されたような配列を生成します。

Delete (Del) (消去)
消去コマンドは、シミュレーションから、現在選択されている1つのオブジェクト、または複数のオブジェクトを消去します。