2-2-3 DEVICEインストール手順


#1

2-2-3 DEVICEインストール手順

こでは、DEVICEの標準的インストール方法が示されます。DEVICEを使用するため、最低Lumerical FlexNet License ManagerとDEVICEの2つのインストールパッケージが必要です。

Lumerical社では、フローティングライセンスを提供します。フローティングライセンスは、同一のブロードキャストドメイン、または、サブネット内の複数の装置間でライセンスの共有ができます。

ソフトウェアのインストールを行う前に、アドミニストレイター権限を持って下さい。

準備作業1: システム要求と使用可能なOSを確認して下さい。

システム要求と使用可能なOS情報は、supported systemsページを確認して下さい。

ソフトウェアのインストール手順

1-4は、Lumerical FlexNet License Managerのインストール手順です。これは、1台のコンピュータ上で実行されなければなりません。

5-8は、DEVICEのインストール手順です。これは複数のコンピュータ上で行うことができます。
1.Download Centerから、FlexNet Licensing Managerをダウンロードして下さい。(登録が必要です。)

2.Lumerical FlexNet License Managerの圧縮インスタレーションパッケージを解凍して下さい。

ダウンロードが完了したら、次のコマンドを使用してインスタレーションパッケージを解凍して下さい。

3.FlexNet License Managerのインストーラーを実行して下さい。
あなたが解凍したFlexNet License Managerディレクトリに行き、インストーラーを実行して下さい。

インスタレーションを完了するために、スクリプトのステップと手順に従って下さい。

もし yumがインストールされていない場合は、次のようにすることができます。

FlexNet License Managerをインストールする詳細手順に関しては、次のリンクの"Part 1: Install License Manager"を参照願います。Getting Started

4.Lumerical社から提供されたライセンスアクティベーションコードを使用して、ライセンスのアクティベーションを実行して下さい。

FlexNet License Managerのインストールが完了したら、ライセンスアクティベーションを行うために、Lumerical Activation Utilityを立ち上げる必要があります。

注意:非グラフィカルLinuxをご使用の場合は、コンソールモードでのライセンスアクティベーションの詳細に関しては、下記のリンクの"Part 2: Activate License"を参照願います。

オンラインとオフラインライセンスアクティベーション

ライセンスアクティベーション方法には、オンラインモードとオフラインモードがあります。
・オンラインアクティベーションは、一般的に速く簡単です。通常は、オンラインアクティベーションをおすすめ致します。
・オフラインアクティベーションは、インターネット経由でのライセンスアクティベーションができないユーザのためのものです。
オフラインアクティベーションでは、Lumerical Supportに、オフラインアクティベーションで生成された"request XML file"を送り、その応答として"response XML file"が返信されます。オフラインアクティベーションの詳細は、Offline Activationをご覧ください。
注意:オフラインモードライセンスアクティベーションは、ライセンスを導入されたユーザーのみ使用可能です。トライアルや評価ライセンスの場合は、オンラインモードのみ使用可能です。

注意:アクティベーションコードは、ライセンス期間中大切に保管して下さい。ライセンスサーバーを交換する必要になった場合は、従来のライセンスサーバー上でライセンスの"de-activate"を必ず実行し、次に新しいライセンスサーバー上で同一のライセンスアクティベーションコードを使用して、ライセンスアクティベーションを行って下さい。
ライセンスアクティベーションに関する詳細は、次のリンクの"Part 2: Activate License"を参照願います。

5.DEVICEのインスタレーションパッケージをダウンロードして下さい
インスタレーションパッケージは、Lumerical Download Centerからダウンロードできます。(登録が必要です。)

6.DEVICEの圧縮インスタレーションパッケージを解凍して下さい。
DEVICEのダウンロードが完了したら次のコマンドを使用してインスタレーションパッケージを解凍して下さい。

7.DEVICEのインストーラーを実行して下さい。
6で解凍したDEVICEディレクトリに行き、次のコマンドを使用してインストールユーティリティを実行して下さい。

インストールを完了するために、スクリプトのステップと手順に従って下さい。

ヒント: RPMによるインストール
ソフトウェアのインストールでより多くの制御を持ちたい場合は、インストールで’rpm’コマンドを使用することができます。これにより、デフォルトインスタレーションディレクトリの変更や、古いバージョンの自動削除の防止などを行うことができます。

注意: スクリプトは、古いバージョンを削除します。複数のバージョンをインストールしたい場合は、インストールスクリプトは使わないで下さい。その代わり、RPMを使用して手動でインストールして下さい。

8.DEVICEの立ち上げ
これは、次のコマンドを使用して、ターミナルモードから立ち上げることができます。

注意:Lumerical FlexNet License Managerを異なる装置にインストールした場合は、DEVICEのライセンスコンフィグレーションを設定する必要があります。

1.DEVICE License Configurationを開いて下さい。

2."Server"ボックスに、あなたのライセンスサーバーのホスト名かIPアドレスを入力して下さい。
3.あなたの設定を保存するために、OKをクリックして下さい。
4. DEVICEを立ち上げて下さい。
ライセンスアクセスに関する詳細は次のリンクの"Part 3: Access the License"を参照願います。Getting Started

9.次のステップ
オプション的にDEVICEを、あなたのシステムパスに追加
あなたのシステムパスに追加すると、フルパスを指定せずにDEVICEをプロンプトにタイプするだけでDEVICEを立ち上げることができます。

このスクリプトは、あなたのシステムパスにDEVICEのインストールディレクトリを追加し、あなたのデスクトップにアイコンを追加します。スクリプトを実行した後、をタイプすると、DEVICEを立ち上げることができます。

導入例
導入例の1つを実行して下さい。

ライセンス設定やコンフィグレーション情報の詳細は、FlexNet License Managerセクションを参照して下さい。

進んだ設定と環境設定
Lumerical社製品の進んだ環境設定情報はSetup and Configuration を参照して下さい。

シミュレーション実行
コマンドラインからの入力を含めて、シミュレーション実行の情報はrunning simulationsセクションをご覧下さい。

これでLinuxのDEVICE インスタレーションが完了します。